「色覚障害」基礎情報・支援情報

もくじ

色覚障害とは


先天的に色の見え方が一般と違う「色覚障害」のある人は、日本では男性の20人に1人、女性では500人に1人いるとされ、国内全体では300万人以上にのぼるとみられています。「色覚障害」は、医療の用語では「色覚異常」、そして当事者の団体では「色弱」とも呼んでいます。 

・色覚障害(色覚異常、色弱)の原因 
眼球の一番奥に網膜という神経の膜があります。 
その網膜の上に、目に入ってきた光に対して、センサーとして働く3種類の“錐体”(すいたい)という細胞があります。この3種類の錐体は最も強く反応する光の波長が異なっていて、それが脳に伝えられると、「こういう反応のパターンだったらこんな色」とイメージされて、私たちは色を見ています。 
 
このセンサーの性質は、遺伝子で決まっているので、人によって多少異なっていますが、これが大きく異なっていると、同じものを見ても、脳の刺激のされ方が違うので、色が違って見えるのです。 

・色の見え方 どんなふうに見えているのか 
300万人以上いると言われる「色覚障害」のある人の中でも、色覚障害のない人とほとんど変わらない見え方の人から、障害の程度が強度な人まで見え方はさまざまです。 
 
よく言われるのは赤と緑の区別です。 

一般的には、赤と緑は「まったく逆の色」という扱いになっていますが、色覚障害のある人には、赤と緑が似たような色に見えます。ただ、一方は明るめの赤だったり、一方は暗めの緑だったりすると、明るさの違いで区別できて、わかるケースもあります。 
 
他に、例えば黄色と黄緑や、パステル調の色で、ピンクと水色なども見分けにくい色です。 

今は、スマートフォンアプリで「色のシミュレータ」というものがあり、スマートフォンのカメラで撮っている映像が、色覚障害のある人にはどういうふうに見えるのかをリアルアイムに表示してくれます。 

画像(スマートフォンアプリ「色のシミュレータ」で撮影した例。)
スマートフォンアプリ「色のシミュレータ」で撮影した例。下部が色覚障害の見え方の一例(開発・浅田一憲氏)

 

よくある困りごと

・公共の掲示物や商品の使いにくさ 
色覚障害のある人にとって「同じように見える色が、実は全く違う色だった」ということはよくあります。そのために、公共の掲示物や商品に使いづらさを感じることがあります。 
 
たとえば、「赤が暗く見える」タイプの場合、赤いレーザーポインターの光が見えなくて、発表中に自分でどこを指しているのかがわからない。あるいは、自動販売機でジュースを買うときに、「売り切れ」のランプに気づかなくて、何回も押して、「何で出てこないんだろう」ということもあります。 

・ 学校生活での困難 
子ども時代に、色に関する話をすると、間違いを指摘される。そういう経験をしているうちに、自分から色の話はしないようにしようと考える人はかなり多くいます。 

たとえば、写生で木の幹を緑色で描いたり、ピンクの花びらを違う色で表現したりして、周りの子どもから指摘されるという経験をすることがあります。 
平成26年に文部科学省が、色覚に対する知識を生かして「適切な配慮、適切な指導をしなさい」という通達をしました。適切な配慮としては、色覚障害のある子が理解できるような図版を揃えている教科書や副読本を使うことや、色覚障害があっても「4色違って見える」カラーチョークを使うことなどが挙げられます。

 

相談窓口/支援団体/サービスなど

認定NPO法人 カラーユニバーサルデザイン機構(略称:CUDO)

社会を人の色覚(色の感じ方)の多様性に対応、改善してゆくことで「人にやさしい社会づくり」をめざし2004年に設立したNPO法人。人の色覚の多様性に対応した製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供する「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」の普及活動を行うと共に世界へ向けて情報を発信しています。

その他の情報は、「視覚障害」のページをご覧ください。