発達性協調運動障害(DCD)とは・基本情報

もくじ  

不器用さを理解するキーワードは「協調」

DCD(発達性協調運動障害)とは、「協調」という脳機能の発達に問題があるために、運動や動作にぎこちなさが生じたり、姿勢に乱れが生じ、日常生活に支障が出てしまう発達障害です。「協調」とは、視知覚、触覚、固有覚(自分の体の動きの認識)などの身体の外部や内部から絶えず入ってくる多数の情報をまとめ上げ、本人の運動企図(何をしようか)・運動計画(どのようにしようか)に基づいて、身体の動きの速さ、強さ、タイミング、正確さ、姿勢やバランスなどを適切にコーディネートして運動・動作を行い、さらにその結果もふまえて、体の動きを微調整していくという、「脳」の一連の機能です。

DCDの子どもは、体育の授業やスポーツだけでなく、「靴ひもを結ぶ」「箸やナイフ・フォークを使う」「字を書く」「はさみや定規・コンパスなどの文具・道具を使用する」「リコーダー・鍵盤などの楽器を操作する」「正確さを要求される理科実験を行う」など、日常生活や学校生活のさまざまな局面で、その不器用さが生きづらさとして現れてきます。

DCDという診断名は1987年にはアメリカの精神医学会の診断基準であるDSMに登場しましたが、本格的に日本で知られるようになったのは、2013年に日本小児精神神経学会が学術集会のメインテーマとして取り上げてからと言われています。その後2017年には日本DCD学会が設立されましたが、現在でも発達障害に関わる小児科医や精神科医、セラピストでも知らないという人が少なくなく、専門家の間であっても認知度は決して十分ではないと言います。

最新の精神疾患の国際的な診断基準DSM-5-TRによれば、DCDの発生頻度は子どもの約5~8%と、AD/HD(注意欠如・多動性障害)の約7.2%と同じぐらい、ASD(自閉症スペクトラム障害)の約1~2%よりもはるかに高く、決して珍しくはない発達障害のひとつです。

また、他の発達障害との併存率も高く、ASDの約80%、AD/HDの約30~50%、SLD(限局性学習障害)の約50%に併存が見られ、他の発達障害とも深く関係します。

一般的に、運動の不器用さは「身体の能力」と思われがちですが、DCDの理解と支援のキーワードとなるのは脳の機能である「協調」です。

包括的支援で子どもの生きづらさを軽減する

武庫川女子大学教授の中井昭夫さん(小児科専門医・指導医、公認心理師)は、長年にわたりDCDの診療や研究、啓発活動を続けてきました。有志とともに日本DCD学会を設立、その理事を務め、大会長として第1回学術集会を開催しました。また、国際DCD研究・支援学会(ISRA-DCD)日本代表委員も務めています。協調や感覚、睡眠など身体性と発達の関係を明らかにすることが、発達障害を理解し、支援する上でもとても重要だと考えています。


小児科医の中井昭夫さん

「私たちは胎児の頃から、環境との相互作用、感覚運動経験を通じて、脳の構造や機能を発達させていきます。重要な点は、協調の発達は、他の発達障害の中核症状、つまりASDにおける社会コミュニケーション、AD/HDにおける実行機能や報酬系の発達、その他、算数を中心とする学習にも深く関係していることです。協調が苦手な子どもに対する早期の気づき、適切なアセスメント(客観的評価)とエビデンス(科学的根拠)に基づく包括的支援は、協調の問題だけではなく、その他の特性によるさまざまな生きづらさを軽減させる可能性があることが明らかになっています」(中井さん)

以前から療育の現場では、発達障害の子どもたちの中に、極端に不器用な子どもがいることは知られていました。ところが、そのことが、発達障害のひとつであるDCDという理解や認識に結びついていなかったことに加え、DCDに対する有効なアプローチも確立されていなかったため、それぞれのセラピストや施設などが少数のケースを対象に手探りで対応していただけでした。しかし、現在、介入効果に関する研究も進み、有効な療育プログラムが開発され、エビデンスも蓄積され始めています。

海外では、幼児や低学年の児童の身体活動を促すことによって、AD/HDの子どもの症状が改善したという研究も報告されています。


DCD関連の書籍も増えています

大人になってもDCDの課題は続く

手先が不器用、運動が苦手というと、周囲の大人はすぐに親の過保護な育て方や才能の問題、努力・練習不足が原因と考えます。保護者も教師・指導者もDCDに対する正しい理解や知識がなく、「練習が足りない」「怠けている」「チャレンジする勇気が足りない」「何度も繰り返せば、必ずできるようになる」として、叱責や不合理な反復練習に陥りがちです。

中井さんは、「協調の発達は子どもの認知、社会性、情緒の発達、学習とも密接に関係していることから、DCDは身体活動の苦手意識や参加機会の減少、自尊感情や自己肯定感の低下、怠学、いじめ、不登校など情緒的・行動的問題につながってしまっている」と注意喚起を促します。

さらに、DSM-5-TRでは、50~70%の子どもで協調の問題は青年期以降も持続するとされています。つまり、発生頻度は子どもの場合約5~8%ですから、単純計算でも、約2.5~5.6%と、かなりの頻度で大人でもDCDが存在していることになります。

大人になると逆上がりや縄跳びをする機会こそ少なくなりますが、ひげ剃りや化粧などの整容、料理や家事、自動車運転、タイピングや書字、細かい手作業など、そのライフステージ特有の協調の課題が生じます。これらが困難な状況が続くと、二次障害として、うつ病・不安障害など精神障害、肥満から糖尿病、高血圧などの生活習慣病、脳卒中や狭心症・心筋梗塞など心血管障害などのリスクとなることが報告されています。DCDは子ども時代だけではなく、大人になってからも、生命予後にもつながる継続的な課題をはらんでいるのです。

発達の速度や道筋はそれぞれ異なる

DCDの子どもに必要なのは、まず、DCD特性への気づきと理解、そして、なぜ、どこで、どうして躓いているのかというアセスメントと、それらに基づくていねいな説明による適切な保育・教育や療育などのサポート、合理的配慮だと中井さんは話します。


第6回日本DCD学会学術集会で特別講演を行う中井さん

「誤解している人はまだまだ多いと思いますが、DCDの子どもたちは怠けているわけでもなく、やる気が欠けているわけでもなく、ふざけているわけでもないのです。発達障害特性のある子どもたちは、発達の速度やその道筋が定型発達の子どもたちとは少し違っているだけなのです」(中井さん)

DCDのある子どもは定型発達の子どもが難なくやれることでも、大変な努力や時間を要することが多く、周囲にも理解されにくいという現実があります。多くの人は普段、ちょっとした動作を行う際に「この関節をこのぐらい曲げて、この筋肉にこれぐらい力を入れよう」「上下左右の手足の動きを協調させよう」などと常に意識して動いているわけではないため、協調という脳機能の発達に問題があるDCDの子どもたちについての理解や想像がしにくいのです。

しかし、だからと言ってDCDの子どもたちは身体を動かすことが嫌いなわけではないし、発達しないわけではないと中井さんは強調します。

「本人のやりたいこと、なりたい自分などに焦点を当てた課題を設定し、適切なアセスメントと、特性に合わせたサポートがあれば、時間はかかることもありますが、徐々に上達していくのです」(中井さん)

DCDの子どもに関する話を聞いていると、身体を動かすことは生命活動そのものであって、あらゆる子どもの成長にとって必要不可欠であることがよくわかります。それは粗大運動と言われる全身運動だけではなく、書字のような手先を使用する微細運動にもかかわっていて、体育だけではなく、教科学習にも大きな影響を及ぼしていきます。協調運動への理解は、発達障害の子どもだけではなく、すべての子どもたちにとって、よりよい教育環境を整えていくための大切な視座を与えてくれると感じます。

 

相談窓口/支援団体/サービスなど

「発達障害」のページをご覧ください。